太陽光発電自立運転モードとは

Posted by admin

太陽光発電を設置したら、災害時などいざというときには自立運転モードに切り替えて非常用電源として使えると言いますが、実際にはどのようなものなのでしょうか。
自立運転モードとして使えるコンセントは、通常の家庭用コンセントとは別に、特別に設置されています。
スマートハウスなどと呼ばれる住宅では、初めから自立運転モード用のコンセントだと分かるようになっていますし、またパワーコンディショナーの側面や底面に設置されているタイプのものもあります。
自立運転モードのコンセントの容量は1,500Wです。
エアコンやオーブンレンジ、こたつなど、容量の大きなものは使えません。
災害時など非常時にどうしても使いたい電気機器の容量をあらかじめ調べておくといいでしょう。
自立運転モードは太陽光をその場で電気エネルギーに変換して使用しているので、太陽が出ている日中にしか使うことができません。
また、雨天や曇天時などは、当然、電力が低下します。
したがって、電力低下すれば故障するリスクがあるパソコンなどの電子機器の利用は止めた方がいいでしょう。
自立運転モードへの切り替え方法はメーカーによって少しずつ違いがあります。
念のため主電源は切りましょう。
停電時ですから主電源はONになっていても電気は通っていませんが、通電時に気がつかないと火災の原因になることがあります。
次に太陽光発電モニターを見ながら自立運転モードに切り替えます。
通常は「連係」となっているボタンを「自立」に切り替えます。
その後、運転ボタンを押せば自立運転モードが開始されます。
こうして自立運転モード専用のコンセントに必要な電気製品をつなげば利用できるようになりますが、こまめに電力状況を確認しながら利用しましょう。
このように電力容量が十分ではないので使える機器に制限があることや、雨天・曇天時には利用できないことがあるなど不自由な感じもしますが、携帯電話の充電ができたり、非常用のラジオが電池を気にすることなく使えたりなど、まったく電気を利用できない場合と比べたら大きな安心感を得られます。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>