自然の恵みの太陽光発電を設置検討

Posted by admin

自然とともに共存している人間は、上手に暮らしていかねば、自然形態を崩してしまいます。
科学の発展とともに、人類は自然を破壊し、そして便利な世の中へとしていきました。
しかし、自然調和ができなくなれば、人も生きていけません。
現在も、異常気象がおこり、自然へ影響も大きなものです。
人は、科学と自然と上手に共存していかねばならない時代にもなっているのです。
太陽光発電も、その自然との上手に共存していく科学の表れでしょう。
自然の恵みである太陽の光を取り入れて、電気を発電させます。
この太陽光発電でエネルギーを蓄電することで、夜でも自然から取り入れた電気を使用できます。
まさに、自然の恵みと科学の共同です。
宮崎市でも、太陽光発電の設置を推進し、設置する家庭では補助金を出しています。
国や都道府県なども補助を出すので、購入しやすくなりました。
さらに、余った電力は売電ができるので、思わぬ収入にもなります。
自然の恵みが、思わぬ喜びをもたらします。